ファド (Fado)

This reading was recorded by Alessandro Mistrorigo for Phonodia at Villa del Grumello in Como, Italy, the 9th of May, 2015, during the “Europa in Versi” Poetry Festival organized by “La Casa della Poesia di Como“. Special thanks to Laura Garavaglia.

Read by Mariko Sumikura on 9 May 2015

ファド (Fado)

大航海の洋上、
リスボンを振り返るものは誰もない。
魂はすでに喜望峰にあるから。

裏町の一隅で
「朝な夕な行き来する
漁りの舟が妬ましい」
とファドを唄うのは一人の女。

それを聴いて涙するのも
もう一人の女。

雨の昼下り、
寄せ引く波のように
愛された記憶が女の現今(いま)を洗う。

ファド―待ち女のための
ポルトガル情唄(うた)。

from Kokoro kaoru hito / A woman who has aroma in heart (Osaka: Chikurinkan Publishing Company, 2008).

Share this Poem with your co-workers or friends