涙のワジ (Wadi of Tears)

This reading was recorded by Alessandro Mistrorigo for Phonodia at Villa del Grumello in Como, Italy, the 9th of May, 2015, during the “Europa in Versi” Poetry Festival organized by “La Casa della Poesia di Como“. Special thanks to Laura Garavaglia.

Read by Mariko Sumikura on 9 May 2015

涙のワジ (Wadi of Tears)

風が泣いている。
オアシスに刻まれている筋は
涸谷(ワジ)だ。

風が巻いている。
金色の太陽に蔭るのは
涸谷(ワジ)だ。

河が流れていた
遠い昔。
今は砂が砂を食む。

水よ、一粒の水よ。
草よ、一本の草よ。
生きとし生けるものよ。

「失った時は戻らない」
地球のつぶやきを耳に、
わたしは涙の跡を見る。

from Kokoro kaoru hito / A woman who has aroma in heart (Osaka: Chikurinkan Publishing Company, 2008).

Share this Poem with your co-workers or friends